令和元年度 春季リーグ戦 第5節 3回戦 vs 佛教大学

513()5節佛教大学との3回戦が行われた。

先制したのは佛教大学。

1回裏、先発の足立(綾部・4)から2番が死球、3番のヒットで1アウト1.3塁のピンチを迎えると、4番にタイムリースリーベースヒットを浴び2-0と先制される。続く5番が犠牲フライを放ち3-0とリードを広げられた。

得点したい打線は4回表、先頭の2番安達(比叡山・4)がヒットで出塁。3番森川(高松東・4)の打席でピッチャーの牽制悪送球で3塁へ進むとショートゴロの間に生還し4-11点を返す。

その後お互い0を並べたまま試合は進み8回裏、2番手の森(八幡商業・4)1アウトから5番にヒットを浴びる。6番が送りバントでランナーを進め、7番が四球で出塁すると、8番がタイムリーツーベースヒットを放ち5-1とリードを広げられた。

反撃したい打線は4回の安達のヒットを最後にランナーを出すことができず、9回も3人で抑えられゲームセット。

佛教大学が2季連続54回目の優勝を果たし、5年ぶり20回目の全日本大学野球選手権大会へ出場を決めた。

新校名で挑んだ初のリーグ戦は73敗勝ち点3となり2位という成績に終わった。

秋こそはリーグ優勝を果たし、関西地区大学野球選手権大会を勝ち抜き、悲願の明治神宮野球大会へ出場できるように、春季リーグ戦で見えた課題を克服していきます。

7 松本()(三田松聖・4

H 丸山(京都両洋・3

8 安達(比叡山・4

9 森川(高松東・4

H 石田()(日本航空・2

D 岡本(呉港・4

5 江藤(早鞆・3

3 前久保(天理・4

2 喜多(小松大谷・3

H 大升(石見智翠館・3

2 松田(盛岡大学附属・2

4 北川(近江・2

6 徳吉(創成館・1

H 上田(京都廣学館・4

P 足立(綾部・4

森(八幡商業・4

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

11 − 4 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください