月曜日, 2月 17
Kyoto, JP
0°C

令和元年度 秋季リーグ戦 第6節 1回戦 vs 佛教大学

令和元年度 秋季リーグ戦 第6節 1回戦 vs 佛教大学

10月13日(日)第6節佛教大学との1回戦が行われた。

優勝争いは佛教大学、京都先端科学大学の2チームに絞られた。

直接対決で先端大が2連勝をすれば優勝、2勝1敗であればプレーオフ(第4戦=優勝決定戦)、佛教大が勝ち点を取れば佛教大の完全優勝となる。

先制したのは京都先端科学大学。

2回表、先頭の5番江藤(早鞆・3)がヒットで出塁。その後6番前久保(天理・4)の打席で盗塁を決め、0アウト2塁とすると、前久保がレフトオーバーのタイムリーツーベースヒットを放ち1-0と先制に成功した。

4回裏には、2アウトを取るも7番、8番に連続ヒットを浴び2アウト1.2塁のピンチを迎える。それでも8番を空振り三振に打ち取り点を与えない。

試合は前半戦が終わり1-0。佛教大4安打、先端大4安打と白熱の投手戦が繰り広げられる。

しかし6回裏、1アウトから4番にツーベースヒットを浴びる。続く5番、6番に連続四死球を与え、1アウト満塁のピンチを迎えると7番に犠飛を許し1-1と同点とされる。

その後両チーム0点がスコアボードに並び、迎えた9回裏、2アウトから2番にヒットを許す。続く3番にライトオーバーのサヨナラ2ランホームランを浴び3x-1で敗れた。

これにより佛教大学が3季連続55回目の優勝に王手をかけた。

先端大が優勝するためには2回戦、3回戦を勝利し勝ち点を挙げ、優勝決定戦を勝利しなければならない。

チーム一丸となり一戦必勝で逆転優勝を目指す。

① 7 新田 (京都翔英・2)
R 戸家 (飯南・4)
② 2 片野 (日本航空・3)
③ 9 石田(伸) (日本航空・2)
④ D 吉村 (福井工大福井・3)
⑤ 5 江藤 (早鞆・3)
⑥ 3 前久保 (天理・4)
⑦ 4 北川 (近江・2)
⑧ 6 徳吉 (創成館・1)
⑨ 8 林(一) (盛岡大附・2)
P 足立 (綾部・4)

コメントを残す

four × 4 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください