月曜日, 2月 17
Kyoto, JP
0°C

令和元年度 秋季リーグ戦 第6節 2回戦 vs 佛教大学

令和元年度 秋季リーグ戦 第6節 2回戦 vs 佛教大学

1014()6節佛教大学との2回戦が行われた。

先制したのは佛教大学。

2回表、先発の山下()(渋谷・3)2アウトから6番にツーベースヒットを浴びる。続く7番にタイムリーヒットを放ち1-0と先制を許した。

3回表には、1アウトから1番に四球を許す。続く2番がライトオーバーのタイムリーツーベースヒットを放つと1塁ランナーが生還し2-0とリードを広げられる。

それでも6回裏、1アウトから2番林()(盛岡大附・2)がツーベースヒットで出塁。続く3番江藤(早鞆・3)が死球で出塁し、4番前久保(天理・4)がヒットで出塁し満塁のチャンスを作ると、2アウトから主将の6番松本()(三田松聖・4)が粘りながら四球を選び2-1と差を縮める。

しかし直後の7回表、3回途中から2番手として登板した森(八幡商業・4)が先頭の7番にツーベースヒットを浴びる。続く8番が送りバントを決めると、ピッチャーの悪送球を誘い、0アウト1.3塁のピンチを迎える。続く9番にタイムリーヒットを浴び、3-1とされる。1番が送りバントを決めると、3番手足立(綾部・4)が登板。2番に犠飛を浴び4-1とリードを広げられてしまった。

それでも7回裏、先頭の8番北川(近江・2)がツーベースヒットで出塁。続く9番代打馬場畑(米子松蔭・2)がタイムリーツーベースヒットを放ち4-2と差を縮める。

しかし反撃もここまで。9回裏も3社凡退で抑えられゲームセット。

佛教大学が3季連続55回目の優勝を決めた。

佛教大学は今月26日から開幕する関西地区大学野球選手権大会に出場する。

コメントを残す

2 + seven =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください