平成31年度 春季リーグ戦 第1節 2回戦 vs びわこ成蹊スポーツ大学

4月14日(日)第1節びわこ成蹊スポーツ大学との2回戦が行われた。

この日も先制したのは京都先端科学大学。

2回表、1アウトから5番前久保(天理・4)が内野安打で出塁。続く6番喜多(小松大谷・3)の内野ゴロの間に前久保は2塁に進塁。続く7番江藤(早鞆・3)が詰まりながらもレフト前に運ぶタイムリーヒットで1-0と先制した。

しかし5回裏、この日公式戦初先発となる寺本(渋谷・4)が先頭の7番にソロホームランを浴び、ゲームを振り出しに戻されてしまう。

前半戦が終了し、1-1と1点を争うロースコアのゲームとなった。

追加点のチャンスを作ったのは京都先端科学大学。

7回表、1アウトからこの日先制タイムリーを放っている7番江藤がヒットで出塁。続く8番北川(近江・2)が送りバントを決め2アウト2塁と一打勝ち越しのチャンスを作る。ここで9番徳吉(創成館・1)に代わり代打丸山(京都両洋・3)が起用された。1ボールから2球目を叩いたあたりはライトへ。しかしライトのグラブに収まり追加点とはならなかった。

8回裏、先頭の1番が内野安打で出塁。続く2番ニファーボール、3番に送りバントを許し1アウト2.3塁のピンチを迎える。ここで4番手の森(八幡商業・4)が4番にタイムリーヒットを浴び1-2と勝ち越されてしまう。続く5番にはセンターオーバーのタイムリーツーベースヒットを浴び1-4と突き放されてしまった。

9回表、1アウトから5番前久保がヒットで出塁するも、反撃もここまで。

1-4でびわこ成蹊スポーツ大学が勝利し、対戦成績を1勝1敗とタイにした。

 

① 7 松本(瑠)(三田松聖・4) 

② 8 安達(比叡山・4)

③ 9 森川(高松東・4)

④ D 岡本(呉港・4)

⑤ 3 前久保(天理・4)

⑥ 2 喜多(小松大谷・3)

⑦ 5 江藤(早鞆・3)

⑧ 4 北川(近江・2)

⑨ 6 徳吉(創成館・1)

H 丸山(京都両洋・3)

6 馬場畑(米子松蔭・2)

P 寺本(渋谷・4)

山下(翔)(渋谷・3)

河野(日南学園・2)

森(八幡商業・4)

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × three =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください