平成31年度 春季リーグ戦 第2節 1回戦 vs 花園大学

4月20日(土)第2節花園大学との1回戦が行われた。

先制したのは京都先端科学大学。 

2回裏、先頭の4番岡本(呉港・4)がツーベースヒットで出塁。5番江藤(早鞆・3)のヒットで1.3塁とすると、7番喜多(小松大谷・3)がタイムリーツーベースヒットを放ち2-0。続く8番北川(近江・2)の内野ゴロエラーの間に1点追加し、3-0とした。

しかし4回表、先発の足立(綾部・4)が1アウトから5番に四球、6番にヒットを浴び1.2塁としてしまう。続く7番の内野ゴロの間に2.3塁とされると、8番に2点タイムリーヒットを浴び、3-2と追い上げられてしまう。9番にも四球を与え、続く1番にもタイムリーヒットを浴び3-3と振り出しに戻されてしまった。

それでも5回裏、先頭の9番徳吉(創成館・1)、1番松本瑠(三田松聖・4)、2番安達(比叡山・4)が連続四球で出塁し満塁のチャンスを作る。1アウトから4番岡本の2点タイムリーヒットで5-3と勝ち越しに成功。2アウトから6番前久保(天理・4)にもタイムリーヒットが飛び出し6-3とリードを広げた。

前半戦が終わり6回表、1アウトから8番にヒットを許してしまう。9番の内野ゴロの間に2塁に進塁すると、1番にタイムリーヒットを浴び6-4とされる。

それでも6回裏、先頭の8番北川がヒットで出塁。9番徳吉が送りバントを決めると、2番安達の貴重なタイムリーヒットを放ち7-4とリードを再び広げた。

ゲームはこのまま終わるかと思われたが、7回表2アウトから5番に内野安打を浴びると、6番にレフトオーパーの2ランホームランを浴び7-6と1点差まで追い上げられた。

それでも先発の足立は危なげなくも9回を投げきり、完投勝利。

今季3勝目を挙げた。

① 7 松本(瑠)(三田松聖・4) 

H 7 戸家(飯南・4)

② 8 安達(比叡山・4)

③ 9 森川(高松東・4)

④ D 岡本(呉港・4)

⑤ 5 江藤(早鞆・3)

⑥ 3 前久保(天理・4)

⑦ 2 喜多(小松大谷・3)

⑧ 4 北川(近江・2)

⑨ 6 徳吉(創成館・1)

P 足立(綾部・4)

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 − three =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください